受講者のご感想 (LEK UD認定講座)

 

ご本人様に掲載の許可をいただいております。(2022年現在)

LEK UD認定講座を受講したご感想
LEK UD認定講座を受講したご感想
18-6344c.jpg

​2022年4月講座〜

  • 動画を全て見てから(オンライン講座)当日を迎えましたので、よくわかりました。特に最終6回目STEP1-6は繰り返し視聴しました。(指導している生徒さんに)音に慣れ親しむことをieaouでやったところ、とても興味を持ち、英語をもっとやりたいと英語学習に意欲になった子がふえました。親からすれば学習に絶望だった子が学習に意欲をもったことは奇跡のように感じるようです。(*括弧はLEKが編集)

 

  • オンライン研修は細かく分解してお話して頂けたのでとても分かりやすかったです。
    具体例がイメージしやすく、練習もできたので、早速来週からのレッスンに取り入れていきます。今まで成果ばかりを追い求め、出来ないことは生徒の努力不足の結果だと思い込んでいましたが、自身の指導力不足を思い知りました。しっかりと生徒のできないに向き合っていこうと思います。たくさんの気づきをありがとうございました。
     

  • LEKプログラムの内容はもちろんのこと、その根底にある村上先生や小幡先生の生徒ひとりひとりに対する熱い想い、生徒と一緒に考えていく姿勢に学ぶことが多く、大変刺激となりました。一度の視聴では理解できていない点も多々あるので、改めて再度視聴し、理解を深めたいと思いました。ありがとうございました。
     

  • 以前より、村上先生の書籍やDVDは拝見させていただいておりましたが、さらに詳しく、かなり具体的な指導法を学ぶことができて、大変勉強になりました。英語だけではなく、生徒さんの気持ちに寄り添う姿勢や、その後の人生まで考えた丁寧な言葉かけの仕方なども学ぶことができて、本当に良かったと思います。オンライン研修では、指導経験の豊富な先生方と、ペアワークをしたり体験談をシェアし合ったり、現場のリアルな悩みや疑問などを聞くこともできて、大変有意義な時間になりました。本当にありがとうございました!
     

  • オンライン研修はとても分かりやすく、あっという間の時間でした。見るポイントや褒めポイントが沢山あるんだと分かりました。そして記録が大事ということがよく分かりました。今の自分にはなかなか出来ていない部分なので、改善していきたいと思いました。ありがとうございました。
     

  • オンデマンド講座の項目の一つ一つが、村上先生が膨大な時間を注がれ研究してこられたデータに基づいたものであり、具体的な例が挙げられ、非常にわかりやすかったです。躓きの原因などこれまで学ぶことができなかったことを教えて下さり本当にありがとうございました。 そして、先生が折に触れお話しくださったLD等の子供達の気持ちや配慮すべきことなどは、とても印象に残りました。講座の第9回の後半は何度も見ました。先生の思い・願いはしっかり受け止め忘れることのないよう胸に刻みます。
     

  • 今までもなんとなく、セミナーや本などをもとに知っているつもりになっていたこともあったものの、部分的に、飛び飛びの知識だったので、この講座のお陰で、きちんと学べて良かったです。講座を通して、学んだ知識を、いる生徒さん達にも改めて、母音の口等、より分かりやすく伝えていったり、音韻遊びをしたりできて、良かったです。
     

  • フォニックス指導をこれまでもしていましたが、音韻操作への認識がまだ甘かったなと受講して感じました。学校の支援級の授業では「勉強的」と感じたらすぐに拒否をする生徒もいるので、取り入れ方に工夫をして何か達成感を感じてもらえたらいいなと思います。
     

2020年

  • この講座は、日本全国探してもここしかない!長年にわたって、読み書きに躓く子に悩んできたが、この講座を受講してその悩みから解放される時が来た。
     

  • 読み書きに関する認知機能の知識だけでなく、発達障害、日本の特別支援の現状などにも視点を当て、躓きの原因を根本から学べる。
     

  • どんな英語の指導法を学んできても解決できなかった点が、村上先生によって解決された。
    それも、自身の研究データや論理的根拠に基づいた内容になっており、この講座を受講すれば「英語の読み書きの躓き」を回避できる専門知識が得られ、今後の指導の自信になる。

    特に、特別支援教育を背景にした中で、英語指導という、今まではなかったつながりの中で学べる講座は、他にはなくずっと探し続けてきたものだった。
     

  • この講座で得た知識は、今後生徒が「どこで躓いているのか?」「何が原因か?」「どう対処したら良いのか?」など、問題点を早急に判断することができるのはもちろん、その問題点に対してのアプローチ法も学べるため、もっとたくさんの生徒を救うことができる。
     

  • 苦しんでいる生徒を救いたい!生徒のために!という村上先生の講座。

    この講座を受講して心からよかったと思う。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube