オンライン講座参加にあたっての利用規約

オンライン講座に参加希望の方は、下記の注意事項を良く読み、内容に同意された上でお申し込みください。

注意事項.jpg

この利用規約(以下、「利用規約」とする。)は、LEK英語読み書き・学び支援の会(以下、「当会」とする。)が、運営する運営するオンラインサービス(動画、図画、文章、音声、音楽およびその他一切の表現ならびに情報から構成され、以下「本コンテンツ」といいます。)の利用に関して以下のとおり会員利用規約(以下「本利用規約」といいます。)を定めます。

 

本コンテンツを利用するためには、本利用規約の全文をお読み頂き、そのすべてに同意しただく必要があります。

第1条 利用規約の同意

1.利用者は、本規約の定めに従って本コンテンツを利用しなければなりません。


2.利用者が未成年者の場合は、保護者の同意を得て本コンテンツを利用することとし、本コンテンツを利用した時点で、保護者など法定代理人の同意を得ているものとみなします。利用者は未成年者を理由とする主張は一切し
ないことと致します。

第2条 禁止事項

1.本コンテンツを利用するにあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が判断する行為を行わないものとします。


(1) 当会または第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為


(2) 本コンテンツを、本コンテンツが予定している利用形態を超えて利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含むが、これに限られない)する行為


(3) 犯罪行為に関連する行為または公序良俗に反する行為


(4) その他、当会が不適切と判断する行為

第3条 個人情報について

1.当会は、以下の場合に限り、利用者の個人情報を第三者に提供する場合があります。


・利用者に任意に同意を得た場合。


・裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令または法令に基づき開示する場合。


・検察・警察・監督官庁からの適法・適式な手順により情報の照会があった場合。


・特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律4条に該当する請求があった場合。


・集計および分析などにより得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて提携先など第三者に開示または提供する場合。


・事業継承の場合。

第4条 免責事項

1.当会は、利用者に対し、本コンテンツの利用により発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとし、損害の賠償をする義務もないものとします。ただし、当協会に故意または重過失が存する場合には適用しません。当会が、損賠賠償を負う場合でも、当会は3万円を上限として、賠償責任を負うものと致します。


2.当会は、通信回線やコンピュータなどの障害におけるシステムの中断、遅滞、中止、データの消失、データへの不正アクセスにより生じた損害、または、その他サービスに関して利用者に生じた損害に対して、免責されるも
のとします。


3.本コンテンツの利用で発生した電話会社または通信事業者等より請求される接続料などは、利用者が管理することとし、当社では、保証致しかねます


4.当会は、本コンテンツの動作保証は致しかねます。


5. 当会は、本コンテンツの利用にあたり、本規約の変更、本ウェブサイトの中断または終了した場合、利用者が被った損害については免責とします。


6.利用者は、本コンテンツの利用に関連し、他の利用者に損害を与えた場合または第三者との間に紛争を生じた場合、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償またはかかる紛争を解決するものとし、当会には一切の迷惑や損害を与えないものとします。

7.利用者の行為により、第三者から当会が損害賠償等の請求をされた場合には、利用者の費用(弁護士費用)と責任で、これを解決するものとします。


8.前項の行為により、当会が、当該第三者に対して、損害賠償金を支払った場合には、当該利用者は、当会に対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含む)を支払うものとします。

第5条 禁止事項

利用者は、以下に記載することを行わないこととします。


1.本コンテンツに掲載するすべての情報を、当会の個別的に許諾した場合を除き、複製、放送、販売、転載、改変、翻訳など利用すること。


2.本コンテンツの情報を、第三者に提供もしくは使用させること、また自己もしくは第三者の営業のために利用すること。


3.本コンテンツまたは当会の品位を損なう一切のこと。


4.上記の他、当会が不適切と判断する行為。

第6条 損害賠償

利用者が利用規約に反した行為または、当会が想定する利用範囲を超えて不正な利用をすることにより損害を与えた場合は、弁護士費用を含む損害賠償の請求をすることがあります。

第8条 権利譲渡について

1.利用者は、当会の許諾がない限り、利用規約上の地位や権利または義務の全部または一部を、第三者に譲渡してはならないこととします。


2.当会は、本コンテンツの全部または一部を、当会の判断により、第三者に譲渡することができます。その場合は、譲渡の範囲内で、本コンテンツ利用者の権利などを含め、譲渡先に移転することがあります。

第9条 分離可能性

利用規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、利用規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第10条 規約の変更について

1.当会は、必要に応じて、いつでも利用規約を変更することができます。


2.変更する場合は、予め利用者に通知をすることなく、本ウェブサイトの適切な箇所に掲載された時点で有効とします。

第11条 準拠法

利用規約に関する準拠法は、日本法とします。

第12条 裁判管轄

当会のコンテンツに関連して、利用者と本協会の間に生じた紛争については、神戸地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

本規約は、2021年1月1日から施行します。